アイコンサイアム、巨大ショッピングモール

サワディー、カー!
日タイの通訳&観光ガイドのジャンです。
今回はバンコクNo,1の巨大ショッピングモールのアイコンサイアムを紹介します。
巨大すぎて全部まわると1日がかり。
だから面白かったところをかいつまんでお話しますね^^

アイコンサイアムとは

2018年11月にグランドオープンしたチャオプラヤ川沿いの巨大ショッピングモールです。
約52万平方メートルの延べ床面積はタイNo.1。
500店舗以上の小売店、100店舗以上のレストラン。
ここに来れば買えないものはないという意味で、ミニタイランド(タイの凝縮)と言う人もいるくらいです。
いつもド派手な演出の催し物をやっている(ほとんどが無料)ので、居るだけでも楽しめます。

とりあえず写真をUP!

無料シャトルボートで船着き場に到着。
出発はBTSサパンタクシン駅の隣りにある船着き場、サトーンピア。


吹き抜けの通路。今風でゴージャス!


上から見るとこんな感じ。


モダンチャイニーズな通路


日本食レストラン YAYOI、ディスプレイが派手。


いらっしゃい。あなたは金持ちですか?笑


ステージでタイ舞踊やってます。観覧無料。


ランボルギーニのSUV、ウルス!


ロールスロイスも展示。
31,900,000b=約1憶1千万円(*’ω’*)


夜に来ればライトアップした噴水ショーも見れる!


屋外でもタイ舞踊、やってました。


アイコンサイアムの一番の人気スポットは、
1FのSOOKSIAM(スークサイアム)というお土産売り場とフードコートが混在する場所。


タイの東西南北すべての地域から、ローカル色の強いフードや工芸品が集結。


こんな感じで水上マーケットを再現して、売ってるお店もある。


上から見るとこんな感じ。


ここは4Fのフードコート。
この巨大商業施設からすると、こじんまりした印象のフードコートですが、値段も安くコスパ良いです。
1FのSOOKSIAMは混雑して、落ち着つかない!
と感じる人はこちらをご利用ください。

サイアム高島屋のお話


アイコンサイアムには日本のデパート、高島屋もタイ初出店で入っています。
当然、日本のショップも数多く出店しています。
なので2018年のオープン前後は、ビジネス通訳関係で何度かこの場所でお仕事をしました。


アパレル店のオーナーさんから聞いた話では、ここの高島屋は、今後のアジア戦略のベースとなる店舗なんだそうです。
バンコクには伊勢丹や東急も出店していますが、このアイコンサイアムはそれらに比べても大きいし、集客力もスゴイですから。
ぜひ高島屋には成功してほしいです^^

アイコンサイアムの場所

Iconsiam Bangkok
アイコンサイアムの地図です。
この場所は市街地から離れているので注意が必要です。
(バンコク中心部のサイアムエリアではない)
BTSサパンタクシン駅の隣り、サトーンピアから無料シャトルボートが出てますが、夕方~夜は、観光客で混みあって行列待ち、乗船するまで時間がかかります。
また雨の日はスコールでボートに乗ったがためにズブ濡れということも想定されます。

そんな時はサパンタクシン駅の隣り駅、BTSクルトンブリ駅で下車して無料シャトルバスで行きましょう。そちらのほうがスムーズです。
バス亭はバンコク中心部方面に向かって徒歩30秒

写真のお店、地元系ハンバーガー屋(ファーストフード)の前に停車します。

「最寄り駅がないならタクシーで行けばいいじゃん!」
とも言えますが、チャオプラヤ川にかかる橋がボトルネックになって渋滞がおこるので、夕方~夜の時間帯は厳しい渋滞を覚悟してください。

ショッピングモールの案内は通訳&観光ガイドのJPNGタイランドにおまかせください!

関連記事

  1. お土産に最強!BIG-C 伊勢丹前

  2. チャンチュイ・クリエイティブ・スペースinバンコク

  3. 中華門と激ウマ食堂ナイエックinバンコク

  4. バンコクのドンキ、MBKセンター

  5. 激うま!ムーガタ鍋inバンコク

  6. プラネタリウムの寺院、ワットパクナムinバンコク