タイ入国カードの書き方

サワディー、カップ! Masaです。

タイ入国に関する入国カードの書き方を説明します。

空港でスマホのネットが接続できない場合に備えて、下にある記入例をスマホに画像保存しておくと便利です。

スワンナプーム空港の説明はこちら
ドンムアン空港の説明はこちら

機内で必ず書く

慣れてしまえばとくに問題ない入国カード。
しかし知識ゼロだと手こずります。
入国審査の行列待ちで書けばイイと思っていても、チビチビ歩きながらペラペラな紙に書くのは、かなりストレス。

そもそもペンを持ってなかったらどうする!?
なんて事態にも陥りがちです。

それに書くことに気を取られていると、よからぬ外国人が平気で行列に割り込んできます。
(並んでいるのは気の良い日本人だけではありませんよ)

落ち着いて書けるのは断然、機内です。
到着1時間前にCAさんが機内で入国カードを配るので、もらったらすぐに書きましょう。
ペンがない場合は、CAさんに頼んでみましょう。
たぶんボールペンを貸してくます。

入国カードの記入例


基本的には、この通りに書けば良いです。
スマホでこの画像保存しておくと便利です。

下の説明は必ずしも読む必要はありませんが、一読すると理解が深まるでしょう。

●左側の半券(出国カード)
Family Name(姓)
First Name and Middle Name(名)
Date of Birth(誕生日)日 / 月 / 西暦
Passport No パスポート番号
Nationality(国籍)JAPANESE
flight No(出発便 タイ→日本)JL718など
Signature(署名)日本語でOK 葉加瀬太郎など

●右側の半券(入国カード)
Family Name(姓)
First Name(名)
Middle Name(普通なら未記入)
Gender(性別)男はMale 女はFemale
Nationality(国籍)JAPANESE
Passport No パスポート番号
Date of Birth(誕生日)日 / 月 / 西暦
flight No(到着便 日本→タイ)JL717など
Visa No(普通は未記入)
Occupation(職業)OFFICE WORKER,STUDENTなど
Country Where You Boarded(出発国)JAPAN
Purpose of visit(滞在目的)Tourismなど
Length of Stay(滞在日数)数字を記入
City/State(移住地域)Chiba cityなど
Country of Residence(居住国)JAPAN
Address in Thailand(滞在ホテル名)Narai Hotelなど
Telephone No(電話番号)+81 90-1234-5678など
E-mail(Eメールアドレス)
Signature(署名 日本語OK)葉加瀬太郎など

●裏側の説明
flight type(フライトタイプ)普通はSchedule
Is this your first trip to Thailand?(タイは初めてか?)
Are you traveling as part of a tour group?(団体旅行であるか?)
Accommodation(宿泊形態)普通はHotel
Purpose of Visit(入国目的)普通はHoliday
Yearly income(年収)該当なものを選択。

返却された半券は保管する

入国審査でパスポートと一緒に入国カードを渡すと、切り取られて、左の半券が戻ってきます。
日本人感覚だと、ついつい「本人控え」だと思い、知らないうちに捨てたりします。
しかしこれは、れっきとした出国カード(Departure card)です。
これが無いと出国手続きが面倒になるので、絶対に捨てないでください。

出国カードを紛失した場合の対処方法

基本的には紛失NGなのですが、それでも紛失する人はいるかもしれません。
その場合、飛行機会社のチェックインカウンターに申し出てください。
新しい入国カードの半券がもらえるはずです。
慌てず落ち着いて、手続きを済ませてください。

関連記事

  1. バンコクで失敗しないホテルの選び方

  2. クレジットカードの便利ワザ

  3. バンコクで格安データ通信、ツーリストSIM

  4. タイバーツ、レートが良い両替所

  5. 職場へのタイお土産 ベスト5

  6. バンコクでパスポート紛失した場合の最短手順