蛇の寺院、ワット・ナークプロックinバンコク

サワディー、カー!
日タイの通訳&観光ガイドのジャンです。
今回は蛇の寺院、ワット・ナークプロックを紹介します!

ワット・ナークプロック

1748年、アユタヤ時代の後半に、ボロムゴード王によって建造されました。
ナークと言うのは蛇の神様を意味し、プロックは覆うと意味です。

本尊は7頭の蛇が仏像を覆っていることから英語圏では
Seven headed Serpent と訳されています。

昔の名前はワットポックです(木が沢山被っている)の意。

仏像そのものはラマ1世時代からあったのですが、ラマ3世時代に今の場所に移り、ナークプロックに変わりました。
また、ラマ3世時代に中国人のプークさんによって修復された際、本堂の壁画は中国スタイルになっています。

ほとんどの寺院は、本堂が底上げされてますが、このお寺は、本堂が地下にも存在します。

またタイでは大変珍しい湧き水が出ており、日本の神社と同じく、顔を洗ったり手を洗うことで縁起が良いとされています。
(タイ人は頭を清めるため、テイクアウトして、ヘッドシャワーに使います)


大阪のビリケンさん少し似てる(笑)
だからこれはきっと、タイのビリケンさん。

ワット・ナークプロックの場所

13.717342218203594, 100.46680536177885
ワット・ベンチャマボピットの地図です。
BTSの駅も近いので1人でも行けます。プラネタリウムの寺院ワットパクナムにも近いので、一緒に見てまわると効率が良いです。

旅のご相談は通訳&観光ガイドのJPNGタイランドにおまかせください!

関連記事

  1. アイコンサイアム、巨大ショッピングモール

  2. 宮廷料理のブッサラカムレストランinバンコク

  3. マンダリンオリエンタルバンコクでランチ!

  4. タイで観光ガイドさん、やってます

  5. チャンチュイ・クリエイティブ・スペースinバンコク

  6. 絶景!トレインナイトマーケットinバンコク