バンコクで失敗しないホテルの選び方

サワディー、カップ! Masaです。

ガイド派遣事業のあるある話で、
「良いホテルを紹介してほしい!」
というお客様がけっこういらっしゃいます。

ありがとうございます。

でも基本的にホテルは紹介しないです。ごめんなさい^^;

ホテル予約サイトのほうが私たちより安く提供できますし、
そもそもホテルの良し悪しは個人の価値観によって決まるので、良かれと思って紹介しても不満が出たりしますので・・・
というのが紹介しない理由です。

その代わりと言ってはなんですが
失敗しないホテルの選び方を「価格、立地、食事」の3要素で解説します。
番外編として「コスパ最強」の選び方も伝授。
ホテルをまだ決めてない方、参考にしてくださいね^^

頭に入れておきたい前提条件

バンコクは
・物価が1/3
・人数が増えても部屋の価格は変わらない
・渋滞が凄い

これらをまず前提条件として頭に入れてください。
それでは早速、説明していきましょう!

価格で探す

注意するポイントは2つ!

①3,500円以上のホテルを使う。
②日本で普段使うホテルの1/2の価格帯を狙う。

①例
1人でいつも、5,000円のビジネスホテルに泊まるタイプ。

ホテル予約サイトで、総額 3,500円以上のホテルを選びましょう!
きっといつもより少し良いグレードのホテルに泊まれるはずです。

なぜ満足するのか?
・バンコクで3,500円のホテルは、日本で10,000円くらいのグレードだから。

②例
夫婦でいつも、1部屋合計 30,000円のホテル泊まる。

ホテル予約サイトでその1/2の価格、つまり総額15,000円のホテルを選びましょう!

なぜ満足するのか?
・バンコクで15,000円のホテルは、日本で45,000円くらいのグレードだから。
・ゴージャス感がぜんぜん違って見えるでしょう。

逆に失敗率が高い価格帯は、3,000円以下のホテル。
施設が古く、スタッフもやる気なしモードが多いので、なるべく避けたいホテルです。

立地で探す

注意するポイントは3つ!
①交通アクセス
②リゾート気分を味わう
③老舗ホテル、もしくは、有名な建物が近くにある

①交通アクセスが良いのは
〇スクンビット駅(アソーク駅)の付近
〇シーロム駅(サラディーン駅)の付近
〇サイアム駅の付近

この3つの駅は、2つの電車の路線がクロスしています。
バンコクはタクシーが安いので、電車なんて使わない!
という意見もありますが、バンコク駐在員なら絶対、電車を使います(笑)
なぜなら通勤時間の朝8~10時、夜5時~10時は、完全に渋滞するからです。

ホテルに帰るとき、
「電車で帰れる選択肢」
を持つことは、渋滞ストレスから皆さんを解放するでしょう。
さらに言えば、タクシー運転手は日本人だとわかると、ボッタクリ価格で料金交渉に持ち込みます。
正規メーター運賃で乗るための交渉がとにかく煩わしいというのも理由の1つ(+_+)

※補足
〇マッカサン駅も電車がクロスしてますが、これは空港直結の電車、エアポートレールリンクとの交差なので、見た目ほどアクセスは良くありません。ご注意ください。

②リゾート気分を味わうならチャオプラヤー川のリバービューを楽しめる
〇サトーンエリア
あるいはチャオプラヤー川より東側エリア

サトーンは高級ホテルが立ち並ぶ世界屈指のリゾートホテルエリア。
交通ではサパーンタクシン駅と船着き場のサトーンピアがあります。
船を使って王宮エリアやワットポーに行けるのも良い点です。

1つ注意したいのが、川より東エリアであること。
なぜなら渋滞が発生したとき、この川を渡る橋がボトルネック!つまり渋滞の元凶だからです。
サトーンのように駅があるならば良いですが、駅が無いと厳しい目に合うかもしれません。

③老舗ホテル、もしくは、近くに駅や有名な建物がある
これは単純にタクシーでホテルに向かうとき、老舗ホテル(もしくは駅、有名な建物、大通りに面する)だと、ドライバーが理解しやすいから。

例えばシーロムエリアなら
「ナライホテル、タワナホテル、クラウンプラザホテル」
が老舗(誰でも知ってる)ホテルです。

また有名な大通りに面している立地も良いです。
シーロム通りに面しているならシーロムロードと指示すれば、その付近まで間違いなく乗っけてもらえます。

逆に困るのが、意外と使えない有名ホテルグループ。
マリオットやヒルトンなどは超有名ホテルですが、実はバンコクに複数あります。
間違って別のマリオットに連れていかれるということもしばしば。
ちなみにバンコクのタクシーにはナビが付いてません。完全にドライバーの土地勘まかせ^^;
老舗でもなく有名でもない場合は、ホテル地図をプリントしてドライバーに見せるか、自分のスマホからMAP検索でホテルを見つけて、それをドライバーに見せるのが賢明です。

食事で探す

食事が美味しいホテルを探すコツですが、
ホテル予約サイトで、まずは素泊まりの料金を確認します。
その説明文に朝食オプション〇〇バーツと書いてあります。
この朝食価格が400バーツを超えていれば、日本人も満足させる種類豊富な朝食ビュッフェでしょう。
400バーツ=1,200円とすれば、物価換算で3,600円の朝食となります。

日本のホテルで朝食ビュッフェが3,000円を超えるところなら、間違いなく美味しいレストランですよね。
これと全く同じ理論がバンコクのホテルにも当てはまります。
その目安として、朝食400バーツ=美味しい。
ということ。
そして朝食が美味しいなら、ディナーだって間違いなく美味しいです。

ちなみにペアで泊まる人は朝食込みプランがお勧めです。
なぜなら部屋の料金と同様、朝食も1人でも2人でも同額ですから。

実際のホテルのプランをご覧ください。

素泊まりの価格 4,625円(朝食オプション550tb)
朝食付きの価格 5,218円

こんな値付けのホテルを見かけました。
素泊まりと朝食付きの差額は593円
実際の朝食は日本で3,000円クラスの朝食ビュッフェx2名
つまり593円多く支払うと、2名分で6,000相当の朝食ビュッフェが付くんです!

かなりお得ですね!

番外編、コスパ最強の選び方

お金をかけたくないけど、リゾート気分は味わいたい!
そんなイイトコ取りのホテル選びを紹介します。

それはバンコクの中心部から離れた場所にある郊外型プール付きホテル。

価格は4000円未満でも「四つ星ホテル」のプール付きがあります。

なぜこのようなホテルがコスパ最強なのでしょうか?

理論的に説明しますと
・田舎なので土地が安く、庭園やプールを作りやすい。
・郊外なのでアクセスが弱く、高値をつけられない。
こんな感じで、
広大な土地と低価格戦略が合わさり、コストパフォーマンスが高くなります。

でもそこからバンコク市街を往復するには交通が不便なのでは!?渋滞も心配!!

確かにその通りです。
しかし私の見立てでは、郊外型ホテルでもタクシーで40分、片道200バーツで都心部にアクセスできます。
200バーツは日本円で650~700円くらい。
日本で言えば1メーターの運賃です。
もちろん渋滞につかまる危険性は大です。しかし渋滞時間をさければ問題ないですし、渋滞の時間帯は電車で最寄り駅まで移動し、駅からホテルまでタクシー移動にすれば、すんなり行くでしょう。
一旦
郊外に抜ければ渋滞も緩和され、タクシーもスイスイと走ってくれます!

コスパ最強には、苦痛にならない程度のデメリットを受け入れる必要があります。

これを見て、バンコクのホテル選びが楽になると嬉しいです!

関連記事

  1. モノマネするだけ!タイでタクシーに乗る方法

  2. 激うま!ムーガタ鍋inバンコク

  3. マンゴタンゴinバンコク

  4. 蛇の寺院、ワット・ナークプロックinバンコク

  5. 宮廷料理のブッサラカムレストランinバンコク

  6. タイで観光ガイドさん、やってます

  1. ワット・シースパン(銀の寺)inチェンマイ

    2024.05.06

  2. クローンバーンルアン水上マーケットinバンコク

    2024.04.25

  3. チャーミング・チェンマイ・フラワーフェスティバルinチェンマイ

    2024.04.25

  4. コムローイ祭りinチェンマイ【2024年版】

    2024.04.25

  5. 高さ世界一!シロッコ・スカイバーinバンコク

    2024.04.23

  1. 個人でも使える安さ

    2017.01.31

  2. 大手も採用する当社の信頼性

    2017.01.30

  3. 高品質な通訳サービス

    2017.01.29