チェンダオ洞窟と温泉inチェンマイ

サワディー、カー!
女性タイ語通訳士&観光ガイドのジャンです。
今回は、
チェンマイのチェンダオ洞窟と土管温泉にやってきました。

チェンダオ洞窟の仏像

チェンダオ洞窟はチェンダオ山の麓にあります。標高が高いので外気もこの日は22℃前後、かなり涼しい。
そして中はさらに涼しい、ひんやりとしています。


入場料は一般コースで30バーツ。


中に入ると鍾乳洞がお出迎え!
わかりますか?
ちょっと見えづらいですね。蝙蝠も生息してますよ^^;


洞窟の大きさはタイでも最大級。


洞窟のコースは全部で3コースあります。
一般コースにはいちおう、ナビゲーションライトが点いてます。
でも他の2コースは洞窟ガイド同伴のコースなので、基本的には暗いです。もし興味ある方は懐中電灯を持参すると良いです。
懐中電灯はバンコクのDAISOで、100バーツで売ってました。
そうそう、皆さんご存知の100円ショップ、ダイソーはタイでもデパートに入っているくらい人気なんですよ。

話しを洞窟に戻して。


フラッシュを使ったので、仏像が白く飛んでます^^;


こちらが本堂になります。
鍾乳洞×仏像という組み合わせがいかにも神秘的で、ちょっと玄人受けする仏像なんですよね。
普通に飽き足らない人、チェンマイ通の方はどうぞ!

チェンダオの土管温泉

さてさて洞窟で少し体が冷えたら、自然の温泉に浸かって体を温めませんか!?
(外気温でも温まりますけど笑)

チェンダオ洞窟から車で10分ほど走ると、川沿いに土管を並べた温泉が出てきます。


チェンダオ土管温泉、わかりやすいですね。
無料という言葉に弱いのはタイ人も一緒です。
さっそく入りましょう。

ととと、その前に!
無料ですから気の利いたものもありませんよ。
・タオル
・水着
・着替え
・水分補給のドリンク
これらは持っていったほうが良いです。


この日はかなり人がいました。ホリデーだったからかな。
お湯は熱め。


人がいない時は、大自然を見ながらゆっくりくつろげます。

どうせチェンダオまで来たなら、無料なのでいらっしゃいませ!

チェンダオ洞窟の場所

チェンマイ中心地からクルマで約1時間半です。
バスも出てますよ。

chiang dao cave chiangmai
チェンマイ、チェンダオ洞窟の地図です。

チェンマイのチェンダオ洞窟に行くなら通訳&観光ガイドのJPNGタイランドにおまかせください!

 

関連記事

  1. サクラのお花見inチェンマイ

  2. 象乗り体験inチェンマイ

  3. 幻想的なランタンの熱気球、コムローイ祭りinチェンマイ

  4. 首長族に会いに行くinチェンマイ

  5. ワット・チェン・マンinチェンマイ

  6. 和風ホテル、灰欽旅館inチェンマイ