ソンクラーン、水かけ祭りinバンコク シーロム通り

サワディー、カー!Momoです。
タイの旧正月「ソンクラーン」は、水かけ祭りとしても有名。ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

今がまさにその時!なので、届いたばかりの今年の様子もあわせて、タイの大切な文化をご紹介しますね。

タイの旧正月「ソンクラーン」

ソンクラーンは毎年、4月13日から15日。スコータイ王朝時代から始まったと言われています。
現在は公式には日本と同様に1月1日が年始とされていますが、断然盛り上がるのは旧正月のソンクラーン!
伝統を大切にするタイらしいですね。

太陽が1年の周期を終え、新しい年をスタートすることからこの時期になったようです。
4月から新しい年度が始まる私たち日本人にとっても、なんとなく親近感がありますね。

「水かけ祭り」

元々ソンクラーンでは”邪気や厄を水に流す”という意味で、仏像や仏塔にお水をかける習慣がありました。
また、僧侶や家族の年長者に敬意を示すために手に水をかけるという伝統も。

そのような風習が少しずつ変化し、友人や兄弟に水をかけ合うようになり、
さらに大都市部を中心に無差別に水をかける一大イベントに転じました。

この時期はタイは一年で最も暑い時期!そのような背景もあり、「水をかけまくる」という行為が楽しく定着したようです。
現在の水かけ祭りでは家族や友人はもちろん、国籍も性別も関係なく通りがかりの見知らぬ人にも、
水鉄砲やバケツを持って水をかけ合うスタイル。
バンコクではシーロム通りやカオサン通りが有名で、だいたいの場所では大音量で音楽が流れて大盛り上がり!

シーロム通りでは道路が封鎖されての開催なんですよ~

参加の際の注意事項

びしょびしょになる覚悟と服装はもちろん!
スマホや時計や財布など持参しているものもすべて防水対策が必要となります。

また、軽く見学を…なんて気持ちで出かけても、外にいれば強制的に
水かけ祭りに参加することになりますので、濡れたくない人は室内にいましょう。笑
元々は相手への敬意を表する行為なので、水をかけられても決して怒ってはいけません。


身に着けるものは最小限にし、あれば防水タイプのカバン、なければ防水になる袋などに持ち物を入れてください。

また、高齢者や小さなお子様などには、充分に配慮しましょう。
大変多くの人で混雑し、お酒を飲んでいる方も多いので、スリや窃盗など犯罪に巻き込まれないように十分に気をつけて。

シーロム通りの場所

Si Lom Rd
今回の動画で紹介した、シーロム通りの地図です。

タイの文化に親しみ、地元の人々や見知らぬ人たちとの交流を楽しめる素晴らしい機会なので、一度は経験して欲しいです。
背景や歴史を知った上でぜひ、思い切り楽しんじゃってください!

水かけ祭りの案内も通訳&観光ガイドのJPNGタイランドにおまかせください!

関連記事

  1. サラ ラタナコーシンinバンコク

  2. 大理石の寺院、ワット・ベンチャマボピットinバンコク

  3. プラネタリウムの寺院、ワットパクナムinバンコク

  4. 夕日が美しいバンブービーチinバンコク

  5. バンコクのドンキ、MBKセンター

  6. 次の対戦、志朗VS那須川天心

  1. ワット・シースパン(銀の寺)inチェンマイ

    2024.05.06

  2. クローンバーンルアン水上マーケットinバンコク

    2024.04.25

  3. チャーミング・チェンマイ・フラワーフェスティバルinチェンマイ

    2024.04.25

  4. コムローイ祭りinチェンマイ【2024年版】

    2024.04.25

  5. 高さ世界一!シロッコ・スカイバーinバンコク

    2024.04.23

  1. 個人でも使える安さ

    2017.01.31

  2. 大手も採用する当社の信頼性

    2017.01.30

  3. 高品質な通訳サービス

    2017.01.29