ビジネス通訳でタイ国際サーキットへ

サワディー、カー!
女性タイ語通訳士&観光ガイドのジャンです。
今回は、タイのモータースポーツ発祥の地、タイ国際サーキットに来ました。

チャーン・インターナショナル・サーキット

今月は世界的なバイクレースMotoGPのテストデー。
世界各国のバイクレーサーが一同に集まり、今年走るバイクのカラーリングお披露目やパーツテストなどが行われます。

なおチャーン・インターナショナル・サーキットと呼ぶのはタイビールの「Chang Beer」がネーミングライツを取得したからです。

バンコクから遠方に車で行くとき

バンコクのホテルで待ち合わせて朝5時に出発、タイ国際サーキットまでハイエースに同乗、休憩も含めて6時間ちょっと!
お昼にようやく着きました。
日本人の観光客、とくに個人ガイドとして同乗するとき、2時間半上走るなら少しお金が高いですが、ハイエースやパジェロをお勧めします。日本のように国道が完璧に整備されていませんので、高速道路を降りたら結構揺れます。
しかし大型車なら揺れが少ないですし、少人数なら車内で寛げます。
小型の古いタクシーで遠出すると、パンクやオーバーヒートなど痛い目にあいますよ(笑)
今回はクライアント側でハイエースを用意してくれたので移動が楽でした。

サーキットの雰囲気


やっとサーキットに到着。


けっこう人が多いです。


モンスターエナジーYAMAHAのライディングテスト。
スマートフォンの望遠なので、写りがよくないです。


ライバルのレッドブルHONDA


これは出光OILのブース。


出光OILのキャンペーンガールです。


これはメインステージに飾られていたヘルメット。
後頭部のデザインがタイっぽい。

レースのメーカーとは無関係なパーツ屋も出店しています。

これはマフラー屋さん。


こちらはエアロパーツ屋さん。

タイではノーマルでバイクに乗る人はいません。
だいたいカスタマイズして乗っています。
日本の人はタイ製のパーツは合わせ目が悪いとか、ネジの位置が悪いとか言います。
しかしタイは板金が安く、1,000thbでパーツを付けたり加工してくれます。
だから合わないの当たり前、パーツは加工して取り付ける!
これがタイの国民性です^^

タイ国民はみんな車とバイクが大好き!
世界ラリーもタイでやってますよ。
皆さんもタイまでモータースポーツを観戦に来ませんか?

タイ国際サーキットの場所

14.958085, 103.084743
タイ国際サーキットの地図です。

タイ国内で仕事をされるならビジネス通訳のJPNGタイランドにおまかせください!

関連記事

  1. マンダリンオリエンタルバンコクでランチ!

  2. 医療メッセでビジネス通訳inバンコク

  3. RIZE出場、スアキム選手の通訳in幕張メッセ