職場へのタイお土産 ベスト5

サワディー、カップ! Masaです。

家族や親しい友人やなら、何を買ってあげれば良いかわかるお土産。
しかし職場向けとなると、けっこう悩ましいです。
大人数に配るなら単価が安いこと絶対条件ですし、旅の途中に簡単に入手できるのも条件です。
それでいて、ある程度センスも問われます。
だからと言って、たかだか職場のお土産を入念にリサーチするのも本末転倒。

そんな迷いを払拭する「職場へのお土産、ベスト5」を紹介します。

1位.サンキストのピスタチオ


サンキスト ピスタチオ
ソルト&ペッパー味 115tb(約400円)

Masaが個人的に選ぶタイのお土産のベスト1

そもそも私、
ピスタチオをあまり好きではありません(笑)
殻を取るのが苦手なので^^;

でもこのピスタチオは、その面倒な殻を取る作業をしてでも食べたくなる美味しさ!
黒コショウと濃いめの塩が、ビールやハイボールにガッツリ合います。
お酒が好きな友人にも超絶オススメ。

Sunkistと言えば、果物やジュースを思い浮かべますが、実はナッツも販売しているという意外性もGood!

売ってる場所はバンコク市内にあるスーパーマーケットのBIG-C、TOPマーケットなど。
GoogleMAPで【bangkok big-c】とかで検索すれば場所がわかりますよ。

2位.マイチュイのソフトキャンディ


マイチュイ ソフトキャンディ
マンゴー味 75tb(約260円)

食感がハイチュウ似のソフトキャンディ。
安くて美味しくて、しかも1袋に100個も入っています。
ある意味、コストパフォーマンス最強かもしれません。

そして、たぶん、いや、間違いなく・・・
ハイチュウをパクった商品と思われます(笑)

英語表記で見比べると
HI-CHEW(ハイチュウ)
MY-CHEWY(マイチュイ)

ほら、完全にネーミング寄せてます^^;

でも味はしっかりマンゴー風味が再現されていますし、なんせ1袋100個入りの大容量。ビックリです!
これで75tbは安い!安すぎる!!

職場に社員が大勢いる場合は、5個ずつ配っても20人分になりますし、休憩室があるならそこにカゴ盛りで置いておけばOK!的な気楽に扱えるお土産です。

売ってる場所はバンコク市内にあるスーパーマーケットのBIG-C、TOPSマーケットなど。
2019年9月に現場確認したところ、BIG-C、TOPSマーケット、ともに置いてなかったです(泣)
確認できたのは、MBKセンター4階、家電フロアから東急方面に歩くとお菓子屋さんが数件連なっています。
そのお菓子屋さんで見つけました!

3位.シンハービール


シンハービール 35tb(約125円)

タイビールの3大ブランド、
シンハー(SHINHA)、チャン(CHANG)、レオ(LEO)

3種の中で一番クセがなく、日本人の味覚に合うビールです。
缶タイプなら日本に持ち込む際、割れたり漏れたりしません。
ただし5缶も詰め込むと、けっこうな体積と重量になります。
機内持ち込みは液体NGなので、必ず預かり荷物に入れてください。

売っている場所は近くのコンビニ、スーパーマーケットなど。

4位.MAMAのインスタントめん


MAMAのインスタント袋めん
トムヤムクン味 5tb(約18円)

コンビニで買えるお手頃価格の定番お土産。
それでいてタイの雰囲気も申し分なし。
体積も小さく軽いので、持ち運びに大変便利!
私が一番好きなのは、酸っぱ辛いトムヤムクン味。
辛いのに強い人なら、たぶん喜べるでしょう。


こちらはカップ麺タイプ
グリーンカレー 15tb(約50円)

グリーンカレー味は、スープにほんのりココナッツミルクが効いてて、辛さマイルド。
辛いの苦手な人にあげるならグリーンカレー味が良いかも。
カップめんは体積が大きいので荷物になりますが、お土産の見た目なら、こちらの圧勝ですね!

味はこの2つ以外にも色々ありますが、日本人の味覚に合わないものが多いです。

売っている場所はコンビニ、スーパーマーケットなど。

5位.ポッキーやプリッツ


ポッキーのマンゴー味
13tb(約45円)

日本の地方のお土産品売り場に行くと、特産品味のポッキーとかプリッツがありますが、それのタイ版です(笑)
その中でもマンゴー味は日本で見かけないし、普通に美味しいです。


プリッツのラーブ味
13tb(約45円)

こちらはタイのピリ辛系家庭料理のラーブを再現したもの。
魚醬とライムがベースなのですが、クセがないピリ辛風味でビールによく合います。

この手のお土産は基本的に日本のお菓子メーカーを選ぶのが良いですよ。
タイ企業が作るスナック菓子って、正直、味つけが微妙なんですよねえ^^;
クッキーやチョコなども、総じて評価が低いです。
タイ人と日本人の味覚が違うのでしょう。
お土産は、奇をてらい過ぎても喜ばれませんから!

売っている場所はコンビニ、スーパーマーケットほか。

番外編.ナッツウォーカー(シルバー色)


ナッツウォーカー ミックスナッツ
115tb(約400円)

タイはナッツ類が豊富で、いろいろなナッツが売っていますが、このナッツウォーカーというブランドが美味いです!
なかでもこのシルバーの袋がクセがなくてお気に入りです。

塩加減が絶妙で、袋にギッシリ詰まっていてお買い得感アリ!
帰国時に自分用のお土産として必ず買います。

コンビニのファミマに置いてある(セブンには無い)ので、簡単に手に入るのもマル。
「ホテルに帰って飲み直そうか!」
というときも、お酒とナッツをファミマでささっと調達^^

とにかく職場へのお土産は、
1人当たりのお金(単価)をかけずにある程度満足できるモノ!
が原則だと思いますが、さきほど述べたとおり、パッケージが可愛くても食べると微妙な味付けの食品がほとんどなので、1つ買って試食してから大量買いしましょう。

関連記事

  1. クレジットカードの便利ワザ

  2. ドンムアン空港での待ち合わせ場所

  3. タイバーツ、レートが良い両替所

  4. バンコクで格安データ通信、ツーリストSIM

  5. タイ入国カードの書き方

  6. モノマネするだけ!タイでタクシーに乗る方法