バンコクでパスポート紛失した場合の最短手順

サワディー、カップ! Masaです。

先日ガイドを担当したお客様から夜電話があり、
「パスポートを盗まれた。明日の便で帰国なのにどうしよう・・・助けてください!」
とのこと。

これは一大事!
とにかく飛行機に間に合うように、できうる限りの最短でパスポートの代わりになる「渡航書」発行までお手伝いしました。
おかげで無事、飛行機に乗ることができました。

同じような不幸に遭った場合のために、その最短手順と裏ワザ的な事前対策を公開します。
1.警察署
2.身分証明書
3.写真撮影
4.日本国大使館
5.裏ワザ!事前対策

以下はその詳細になります。

1.警察署(Police Reportの発行)


まずはじめに「パスポートを失くした場所」を管轄する警察署に行きます。
(失くした場所に応じて、行く警察署が異なります)
警察署の場所がわからないと思いますが、最寄りのホテルや商業ビルの受付に聞けば教えてもらえます。
もしくは失くしたと思う場所でGoogleMAPを開き、「Police」と検索すれば表示されます。


警察署に着いたら「Lost Passport !」と言って案内してもらいましょう。


事情聴取を証明する「Police Report」
これが無いと大使館では門前払いになります。
焦っていきなり大使館に行かず、まずは警察署に向かいましょう。

2.身分証明書

パスポートを失くしたということは、アナタ自身が誰なのか証明できないということです。
住所、名前、生年月日が書かれた運転免許証があれば大使館に持参してください。

運転免許証を持ってきていない場合、
日本に居る家族に相談して、運転免許証の写し、または戸籍謄本を取得してもらい、それをメールかFAXで
在タイ日本国大使館に送ってください。
大使館への送り場所はこちら
https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/iken.html

3.証明写真

帰国するための手続き「渡航書」の作成には証明写真が必要です。
大使館に入る前に、先に写真を撮ってもらいましょう。


場所は大使館から歩いて4分。
「Polo Shop」という雑居ビルの1Fです。


外観はこんな感じで、黄色い看板の「PHOTO」が目印。
隣りにセブンイレブンがあるので迷わないと思います。


おばさんにJapan Passport !と言えばOK。
45mm x 35mmの写真、4枚で150バーツ。

4.在タイ日本国大使館

13.729627, 100.545499
在タイ日本国大使館の地図です。


素敵なゲートですが、内部のセキュリティチェックが厳しいです。


午前は、08:30~12:00
午後は、13:30~16:00
午前中に手続きが終われば、13:30に渡航書がもらえます。


受付に張り紙があります。


まずはパスポートの紛失届


即日発行できる渡航書の申請
申請代は730バーツ。


これが渡航書です。
無事、発行されました。

5.裏ワザ!事前対策

そもそもパスポートを紛失するのは、それを持って行動しているからです。
ならば、パスポートを持たないほうが無難でしょう。
(私はいつもホテルの金庫に保管します)

私はタイに滞在中、空港とホテル(チェックイン)以外でパスポートの実物を見せることは稀です。
それ以外で見せる場所は、両替所、クラブ(ディスコ)、高級ラウンジ(スカイトップバー含む)くらい。
ですがそこさえも
パスポートをスマホで撮影し、その画像を見せる!
という裏ワザで突破できるのが大半です。

さらにつけ加えると・・・もっとも大事なこと言いますが!!

大使館での身分証明書の提示も、実はスマホに保存されたパスポート画像を印刷することで、身分証明の代替え手段となります。


このような写真を、あらかじめ自分のスマホに保存しておけば、パスポート紛失の際も、運転免許証や戸籍謄本が不要になるわけです。

でも、スマホも一緒に紛失したらどうするの?

その場合は、iPhoneならicloud、AndroidならGooglePhotoなど、スマホの写真データを自動保存できるクラウドサービスをPCや他人のスマホで覗いてください。
自動保存されているかもしれませんので。

最後に・・・
日本のパスポートは世界屈指の信用力、VISA無し渡航できる国の数も世界No.1です。
つまりそれだけ便利なパスポートなので、闇の商人からみても日本人は絶好のターゲットなのです。
なるべく持ち歩くのはやめましょう。

いまタイでリアルタイムでパスポートを紛失している人に、このブログが目に留まることを祈ります。
旅のトラブルを未然に防ぐJPNGタイランドでした!

関連記事

  1. タイ入国カードの書き方

  2. バンコクで失敗しないホテルの選び方

  3. バンコクのチップ代の相場

  4. バンコクで格安データ通信、ツーリストSIM

  5. クレジットカードの便利ワザ

  6. 職場へのタイお土産 ベスト5